忍者ブログ
Admin / Write / Res
勢いだけでとりあえず開設した二次創作保管庫です。「二次創作」をご存知ない・嫌悪を覚える方は閲覧をご遠慮ください。DDFF及びFF6にて魔導の少女を溺愛する駄文を羅列いたします。
[219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209
[PR]
2019/08/20 (Tue) 03:09
Posted by シスターM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モニカ様の選択式御題様から拝借したお題「葬-funeral」、ようやく彼まで来ました。
残るはチョ、もとい兵士なのですが、これはちょっとお時間頂戴したいです。
無駄に長くなりそうな予感がしておりまして(爆)。

拍手コメントレス等は、大変申し訳ないのですが、後ほどまとめてやらせていただきます。

 


密葬(5×6 5視点)

 

このまま、誰にも知られずに。
ずっと眠っていられたら。


   *


『何故そんな事を言うの?』

首を傾げる度に、零れる金髪が音を立てて流れる。
紫水晶は、俺を見つめて微笑んだ。

『私は嫌』
『何故?』

俺の問いかけに、彼女はこう言った。

『ずっと眠っているのなら、貴方と会う事ができなくなるわ』
『え?』

『限られた時間だからこそ、出来る限り、一緒にいたいの』


   *


「……全く、君の言う通りだったよな、ティナ」

空を見上げて呟くと、クェ、と相棒が一声鳴く。
自分の顔を覗き込むその表情は、どこか気遣わしげ。

「ありがとな、ボコ。大丈夫、俺は元気さ」
「クェ!」

俺の言葉に安堵したのか、ボコは高くひと鳴き。
そして俺は、もう一度空を見上げ。
今は違う世界で生きる、優しい少女の面影を、確かめた。

 


秘密の想いは、秘密のままに。
 

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
◆ 無題
やっとティナの気持ちを理解したんですね、バッツは。
離れ離れになった彼女を思うバッツは優しいです。
私は、2人がこのままくっついてくれるのを願っています。
バツティナ大好きです、離れて欲しくないです(泣)
ティファ・ロックハート 2009/07/18(Sat)10:31:43 編集
コメントありがとうとざいました
私の中での彼らは、想いあっていたとしても自発的には動かないかも?
お互いの立場とか色んなものを、先に考えてしまいそうですね、この2人。
離れた場所から幸せを祈りあう、心で確かに繋がるふたりでいてもらいたい気もします。
恋愛よりは、むしろ家族に近いような、親愛の情…でしょうか?これだと。
シスターM  【2009/07/21 15:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シスターM
性別:
女性
自己紹介:
とうとう40代になった専業主婦。
二次創作歴はオンラインで10年程度。たまに好きジャンルのアンソロ本に寄稿させていただいてました。
此度はソフト未購入なのにムービーと素敵サイト様の作品によって墜落→6キャラ総愛され→本編6カップリングプラス、とブログがおかしな進化中。結局ハード込みでソフトお買い上げ(笑)自プレイはチュートリアルで既に断念気味。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  違うところの夢を語る。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]