忍者ブログ
Admin / Write / Res
勢いだけでとりあえず開設した二次創作保管庫です。「二次創作」をご存知ない・嫌悪を覚える方は閲覧をご遠慮ください。DDFF及びFF6にて魔導の少女を溺愛する駄文を羅列いたします。
[277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267
[PR]
2019/11/18 (Mon) 20:25
Posted by シスターM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空飛ぶ青い何か。様から 拝借した「空と青で33のお題」、いまだに迷走しまくりです。
素敵お題を、どうしてこう勿体無いことにしてしまうのでしょうか、管理人。
精進…してないのかやはり(滝汗)。

このタイトルを拝見して、咄嗟に思いついたのが野ばら氏。
純朴な青年が恋焦がれる様は、きっと微笑ましいのでしょうね、うん。
…なんだか管理人の思考が、どっかおかしくなってます。
本日は、この辺でお暇を。


18 過去に稀なる青天の霹靂

決して長くはないけれど、精一杯生きてきた、人生の中で。
初めての、衝撃。


   *


夢のように美しい、なんて表現を柄にもなくしてしまったのは、確かに自分。
先程初めて出会った、目の前にいる少女に対して。
緑を帯びた珍しい金の髪が、光を受けて淡く輝き。
残雪のような白い肌に、薔薇の花弁を浮かべたような唇と、極上の紫水晶。
無骨な男たちとは全く違う、細く華奢な体躯。
そして、鈴を転がすような声が、彼女自身の名を紡ぐ。

「初めまして、ティナ・ブランフォードです」

よろしく、とひと言だけを返して。
傍目にも丸わかりのぎこちない動作で、他の奴らと同様に握手を交わして。
狂ったように高鳴る鼓動を、必死で押し留めたのは。
確かに気のせいでも夢でもない、俺の現実。

夢じゃ、ない。


   *


確かに、あの日あの時あの場所で。
俺は君に、初めての、恋をした。

拍手

PR
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シスターM
性別:
女性
自己紹介:
とうとう40代になった専業主婦。
二次創作歴はオンラインで10年程度。たまに好きジャンルのアンソロ本に寄稿させていただいてました。
此度はソフト未購入なのにムービーと素敵サイト様の作品によって墜落→6キャラ総愛され→本編6カップリングプラス、とブログがおかしな進化中。結局ハード込みでソフトお買い上げ(笑)自プレイはチュートリアルで既に断念気味。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  違うところの夢を語る。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]