忍者ブログ
Admin / Write / Res
勢いだけでとりあえず開設した二次創作保管庫です。「二次創作」をご存知ない・嫌悪を覚える方は閲覧をご遠慮ください。DDFF及びFF6にて魔導の少女を溺愛する駄文を羅列いたします。
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
[PR]
2019/10/24 (Thu) 01:28
Posted by シスターM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冒険家×少女的文章があまりに少ない当ブログ。
先程突発で思いついたラスト的ネタを投下します。
一部ネタバレ有につき、閲覧時にはご注意下さい。


目を開けて。
最初に貴方の笑顔が見られるなら、素敵。

 

『青い空に笑顔』

 

……おとうさん。
おかあさん。
わたし、どうなるの……?

力が抜けていく身体が、重く感じられて。
でも、もう少しだけ頑張って。
明るい空が、見えるから。

(わあ…………!)

もう、声も出せなかった。
けれど、確かに見えたの。

黄昏たままの、絶望の空ではなくて。
青い、青い、空。
操りの輪が外れて、ナルシェから脱出した、あの時に。
初めて、自分自身の意思で見た、空。


   *


『よっし、うまくガードを巻いたぜ!ティナ、怪我してないな?』
『……』
頷く私に貴方は一瞬訝しげな視線を向け、それから。
『いいか?ティナ。これからは、さ。ちゃんと言葉で言おうよ』
人差し指をぴっと立てて、提案してきた。

『?』
意図が掴めない私の動揺を見抜いたのか、彼は説明してくれた。
『君はちゃんと声が出せるし、言葉だってわかってるんだ。自分のコトバで、意思疎通を図るんだよ』
『……自分の、コトバ』
『そうそう!せっかく可愛い声してんだし、じゃんじゃん使おうぜ!』
私に強引に納得させてから、ふと上を見上げて。
『おー、出発日和のいい天気じゃんか。ホラ、ティナ、空見てみろよ』
『え?……ええ』
彼の指示に従って、上を向いて。
『……!』
私は、息を飲んだ。

初めて見た空は、どこまでも広く、青く。
優しく輝く太陽と白い雲が浮かんで。

『……あおい……』
『!そうだよティナ、今日は青空なんだよ』
私が呟くのを耳にして、ロックは上機嫌になると、出発を告げ。
私は彼の後をついて、歩き始めた。


   *


───あの時と、同じね。

ロック、今、貴方にも見えてる?
私がナルシェで初めて見たときと同じ、空。
とても、綺麗よ。

あの時の私には、知っていても使えなかった『綺麗』という言葉。
今ならちゃんと、意味が理解できる。
全部、あの時の貴方のおかげ。
貴方が私を助けてくれて、ここまで連れて来てくれた、おかげ。

ありがとう。
……本当に、ありがとう。

……あたたかいわ……。

これ、が。
これが……『心』……。

 

 

「……、ティナっ!しっかりしろっ!!」
「ティナ!?」
「ティナ、目を開けて!」

皆が、呼んでる。

目を開けた視界に、飛び込んできたのは。
青い空と、青いバンダナ。
そして、貴方の、泣きそうな顔。

「……ロック……」
「!……ティナっ!!」

懸命に名前を呼んだら、貴方の顔がくしゃっと歪んで。
私の身体は、ぎゅうっと力ずくで抱き締められた。

「良かった。本当に、良かった……!」
「ロック……」
「君を失うなんて、もう、俺には絶対に耐えられない……!」

押し付けられたのは、ロックの胸。
五月蝿いぐらいに鳴り響く彼の鼓動は、確かに自分が生きていることを感じさせてくれて。
私は嬉しくなって、彼の服をぎゅっと握った。

そして、もうひとつ。

「あのね、ロック?」
「どうしたんだ?」

私の声に反応して、真剣な表情で尋ねてくれた彼に向かって。
私は、言った。

「笑って」
「え」

「貴方の笑顔が、好きなの。青空に似合うから。だから、笑って」

 

 

私の言葉に、彼は満面の笑みで応えてくれて。
私は、本当に、嬉しかった。

ありがとう、ロック。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シスターM
性別:
女性
自己紹介:
とうとう40代になった専業主婦。
二次創作歴はオンラインで10年程度。たまに好きジャンルのアンソロ本に寄稿させていただいてました。
此度はソフト未購入なのにムービーと素敵サイト様の作品によって墜落→6キャラ総愛され→本編6カップリングプラス、とブログがおかしな進化中。結局ハード込みでソフトお買い上げ(笑)自プレイはチュートリアルで既に断念気味。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  違うところの夢を語る。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]