忍者ブログ
Admin / Write / Res
勢いだけでとりあえず開設した二次創作保管庫です。「二次創作」をご存知ない・嫌悪を覚える方は閲覧をご遠慮ください。DDFF及びFF6にて魔導の少女を溺愛する駄文を羅列いたします。
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
[PR]
2017/12/14 (Thu) 11:26
Posted by シスターM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
週末スキーに出かけながらもジャグジーのみ堪能してきたトホホ管理人です(爆)
…板借りるの面倒になttげふげふげふ。
夫子供は一応パウダースノーのような雪を楽しんできたそうです。
ま、どうせ車で3時間ぐらいで行けるしいいんですけど<やる気のない北の住人

クラウドがスノボ得意ですし、現代パロっぽい話を書くのも面白いかもしれませんね。
イヤ、コスモス側の戦士全員運動神経よさげですから、きっとすぐマスターできると思うんですよ。
その辺をどう書くのか…ふむむ。
ただ現代パロがお好きな方もおられれば、苦手な方もおられますよね。
もし拙宅のトホホ文でも「読みたい!」と仰って下さるお客様がおられれば、拍手でご一報を。

今回は先日伺ったB+PLuS様でのチャットで頂戴したお題『ロクティナ前提総受け』を目指し…ました。
確かにそうスタートさせたのです。
が。
どう見ても違うぞお前っっっ!!!…と、我ながらどう突っ込むべきか悩むトホホ作品です。
いつかリベンジしてみます…。


確かな信念。
夢を追う魂。
優しい言葉。
揺がぬ意思。
快活な笑顔。
寄り添う背。
見つめる瞳。
朗らかな声。
夢を見る心。

全てが、貴方と、重なる。

 

『蒼い欠片』

 

例えば朝、目が覚めた時。
「ティナ、おはよっス!」
「おはよう、ティナ!今日も一段と可愛いなー」
ティーダやジタンへ、笑顔で挨拶していたり。

例えば昼前、食事の支度で。
「ティナ、今日は俺がサラダを作るよ」
「……水は足りるのか」
フリオニールやスコールと、作業を分担していたり。

例えば午後、鍛錬中に。
「ティナ、僕と一緒に魔法の練習しようよ」
「あー、俺も混ぜてくれよ!物真似も、練習したいから」
「俺も参加する。魔法回避の練習が必要だ」
ルーネスやバッツ、クラウドが一緒にいてくれたり。

例えば夕方、夜営の準備をしていて。
「ティナ、焚き火は私が見ていよう。君は休憩するといい」
「そうだよ、そろそろ気温が下がって来るから、上着でも着てきたら?」
ウォーリアやセシルに、気遣いをしてもらったり。

仲間たちと過ごす度に、心が、騒ぐ。

(……貴方は、元気?)

思い出すのは、いつも蒼。
軽快な動きが得意で、重い剣だって自己流で使いこなして。
年齢差を感じさせない程に、人懐こい笑顔で。
でも本当は、とても寂しい心と瞳を持っていた。
亡くした恋人の姿をずっと追い続け、妄執ともいえる愛情を持ち続けていた。
あの世界の、自我を得たばかりの私を、初めて『守る』と言ってくれた。
(ロック……)
心の中で、何度名前を呼んだのだろう。
でも、貴方はここにいないから。
目を閉じて、笑顔の記憶を辿るだけ。

(逢いたい。貴方に、逢いたい……)

声には出せない、私の願い。
代わりに涙、ひと雫。
ころころ、流れ落ちた。

 

 


「ティナ」

声をかけられ、振り返る。
思った以上に近い距離に、すっかり見慣れた不思議な青。
あの人じゃ、ないけれど。
「クラウド……。なあに?」
尋ねた私をじっと見つめる、憮然とした表情が歪んで。
長い両腕が伸ばされた、と思ったら、私はその中へ閉じ込められた。
男のひとの、厚い胸板に顔を埋める格好になる。
直に届く規則正しい心臓の鼓動は、不思議と心地良い。
でも、何故?と。
顔を上げて尋ねようと、口を開きかけたところで。
「帰りたいのか?」
抑揚のない、静かな声が、届く。

「!?」
「元の世界に、大事な人がいる場所に……今すぐにでも、帰りたいのか」
びくり、と震えて、彼の上着を掴んで。
それが、答え。
クラウドは、私を抱き締める腕にぎゅっと力を込めて。
耳元に、囁いた。
「あんたが元の世界を思って泣くのは、当然の反応だ。無理もない」
「………」
「だがな、ティナ。あんたが元の世界を思うように、ここにいる奴らも全員、あんたの事を思ってる」
彼の言葉に、思わず顔を上げると。
クラウドは少しだけ笑ってから、言葉を続けた。
「いいか、忘れるな。俺たちは全員、あんたを……仲間だと、思っている」
「クラウド」
「約束だ。いいな、ティナ」

彼はそう言って、色白で華奢な手を存外器用に動かすと。
瞳の淵で、今にも転げ落ちそうだった、雫をそっと弾いてくれた。


   *


ああ、また。
彼の優しさと、寂しげな笑顔が、貴方と重なる。
皆が優しくしてくれるから、私はいつも、思い出す。
私を安心させてくれる、皆の素敵なところが。
貴方をつくる欠片のように、輝く。

……忘れない。
貴方を、忘れない。
私に初めて『意志』を気付かせてくれた。
『心』を自覚させてくれた、貴方を。

そして。
貴方のように、素敵な『仲間たち』を。
きっと、忘れない。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
◆ 無題
読んでて、ちょっと切なかったです。
ティナに声を掛けてくれたティーダやジタン ウォーリア セシル フリオニール スコール ルーネス バッツ クラウドはとても親切ですね。

彼等にお礼を言わず、ティナはロックの事を思ってたのですね。
そんな彼女を支えるクラウドは、優しいです。

憧れますね(笑)
頑張って下さい!
ティファ・ロックハート 2009/07/04(Sat)19:27:09 編集
コメントありがとうございました
ティナが異世界の仲間たちに感謝をしてない、という事ではないのですが…そう読み取れてしまったようなら、私の表現が適切ではなかったのでしょうね。
あくまでも、心の片隅にずっとロックの面影がある、という部分を強調したかったのですよね。
今回はクラウドが行動を起こしていますが、実際には総受けと申しますか、総愛されと申しますか、コスモス勢は全員同じ気持ちでティナを支えようとしています。
と、補足せねば通じない駄文だった事、深くお詫び申し上げます。
これからも精進せねば。
シスターM  【2009/07/04 20:39】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シスターM
性別:
女性
自己紹介:
とうとう40代になった専業主婦。
二次創作歴はオンラインで10年程度。たまに好きジャンルのアンソロ本に寄稿させていただいてました。
此度はソフト未購入なのにムービーと素敵サイト様の作品によって墜落→6キャラ総愛され→本編6カップリングプラス、とブログがおかしな進化中。結局ハード込みでソフトお買い上げ(笑)自プレイはチュートリアルで既に断念気味。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  違うところの夢を語る。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]