忍者ブログ
Admin / Write / Res
勢いだけでとりあえず開設した二次創作保管庫です。「二次創作」をご存知ない・嫌悪を覚える方は閲覧をご遠慮ください。DDFF及びFF6にて魔導の少女を溺愛する駄文を羅列いたします。
[319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309
[PR]
2019/11/18 (Mon) 20:39
Posted by シスターM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰しております、一応生きてる管理人です。
放置プレイの中お越し下さっているお客様、本当に申し訳ありません。
以前も書きましたが、来月は検査フルコースでございます。
何事もなければ良いなあ、と願っているところです、ハイ。
季節の変わり目でもありますし、皆様お体くれぐれもご自愛くださいませ。

空飛ぶ青い何か。様から拝借した「空と青で33のお題」、未完成のままですが。
漸くゴールに近づいて参りました…。
こんなダラダラなペースになろうとは思わなかったのですが。
懲りずにお付き合いいただいているお客様がおられましたら、本当にありがとうございます。
できれば今年中にはゴールへ到達したいので、頑張ります。

気が付けば結構な数になっているスコールさんとの小噺です。
でも×ではなく+。あくまでも+。
何というか薄っぺらいかもしれませんが、ご容赦を。





27 空と雲の狭間


(雲が、流れる)

白い雲がところどころ浮かぶ、青い空を眺める。
時間が取れればそうしていることが、当たり前のようになっていた。
理由は、自分でもわからないけれど。

「ティナ」

誰かが、自分の名を呼ぶ音が耳に届く。
「ここにいたか」
感情表現に乏しいとされる自分と同程度に、抑揚のない音。
振り返れば、仲間のひとり。
「スコール」
「そろそろ出発の時間だ」
「わかったわ」
私は即座に立ち上がり、彼の隣へと歩み寄って。
「呼びに来てくれて、ありがとう」
感謝の意を声にしてみると、微かに目を見張り。
「……当然の事だ。礼など必要ない」
変わらぬ調子で告げ歩き始め、私も隣について行った。

互いの足音と、地面を踏みしめる音だけが耳に届く。
「ひとつ聞きたい」
「え?」
通常は皆無の、寡黙なスコールからの呼びかけ。
首を傾げて続きを促せば、意外な事項を指摘された。
「あんたはいつも、空を見ているな」
「そう、ね」
曖昧な返答をしてしまったけれど、彼は頷いて。
「空が、好きか」
短い言葉で質問を受けたから、その回答を考える。
「……わからない」
率直に浮かんだものを、そのまま音に出した。

「わからない?」
怪訝そうなスコールの声に、頷く。
「『好き』という言葉をまだ理解しきれていない、といえば適切かしら」
「理解、か」
「ええ」
「ならば、いつか理解できるといいな。『好き』を」
「え?」
スコールの言葉に驚きを覚え、彼の方へ顔を向ければ。
いつになく穏やかな微笑を称え、私を見ていた。
彼の言葉の意図は、つかめなかったけれど。
その優しい表情を見ていれば、それはきっと楽しいことのように思えて。
「そうね、あなたの言うとおりだわ」
私は彼に答えて、笑った。


   *


(……思い出した、)

白い雲が浮かぶ空を眺めていて、ふっと呼び起こされた、あの場所での記憶。
大人びた言動の、でも本当は私よりもひとつ下の、彼。
風に揺れる漆黒の髪も、冬の海のような厳しさと意志の強さを宿した瞳も、そっと優しく落とされる声も。
今まで思い出さなかった事が不思議なぐらい、鮮明に蘇る。
「スコール、あなたはあなたのいる世界で元気かしら」
異なる世界に存在する仲間に、この空は続いていないのだろうけれど。
空と雲の狭間から、せめて心だけでも、届いて欲しくて。
「『好き』という言葉、今なら少し、理解できるわ」
声に出して、伝える。

「貴方たちの、おかげよ。ありがとう。私は、貴方たちが『大好き』」

私の言葉を乗せるかのように、一陣の風が、吹いた。

拍手

PR
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シスターM
性別:
女性
自己紹介:
とうとう40代になった専業主婦。
二次創作歴はオンラインで10年程度。たまに好きジャンルのアンソロ本に寄稿させていただいてました。
此度はソフト未購入なのにムービーと素敵サイト様の作品によって墜落→6キャラ総愛され→本編6カップリングプラス、とブログがおかしな進化中。結局ハード込みでソフトお買い上げ(笑)自プレイはチュートリアルで既に断念気味。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  違うところの夢を語る。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]