忍者ブログ
Admin / Write / Res
勢いだけでとりあえず開設した二次創作保管庫です。「二次創作」をご存知ない・嫌悪を覚える方は閲覧をご遠慮ください。DDFF及びFF6にて魔導の少女を溺愛する駄文を羅列いたします。
[227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217
[PR]
2019/08/20 (Tue) 03:30
Posted by シスターM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/07/26 (Sun) 00:18
Posted by シスターM
こんばんは、管理人です。

さて、いきなりカテゴリ『勝手に捧げ文』なるものを追加してみましたが。
コレ何だ?とお思いの方、いらっしゃるかもしれませんね。
…まあ、字のとおりで勝手に捧げ物として作ってしまった駄文です<そのまんま
勿論お相手に「差し上げます」と、予めご連絡しているわけじゃないので、気付いていただけるかどうかは果てしなく不明だったり(爆)。
自己満足だとは思うのですが、いいんです。
伝えたい気持ちを代弁してもらってるような、ものなので。

で、今回勝手に気持ちを捧げてしまったのは。
昨日お誕生日をお迎えになったという、拙宅がリンクしておられるサイト様の管理人様。
日にちが遅れてしまって大変申し訳ないですが、本当におめでとうございます!
ちなみに公式設定上の少女の誕生日はまだまだ先ですが、今回のみ都合により変更させていただいてます。
この辺については、ご容赦を。


(7/26追記)
無事相手の方に気付いていただけましたので、安堵しております。
なおこの駄文中で使った鉢花は「インパチェンス」、花言葉はそのまんま小噺のタイトルです。
複数の誕生花のうち、可愛らしく生き生きとしたお花のイメージで選ばせていただきました。

ということで、この小噺はyuwi様のみお持ち帰りOKとさせていただきます、ご了承ください。

麗しくも儚げな、されど脆弱ではなく。
強さを持った、少女だから。

 

『鮮やかなひとへ』

 

約した時間に間に合うよう、余裕を持って家を離れ。
俺は心持ち速足で、道を急ぐ。
(……柄ではないな)
ぶら提げたビニール袋の中には、鉢植えがひとつ。
一人暮らしの少女の家には特別ベランダなどもなく、鉢を置くには今ひとつで。
本来であれば、このようなものを軽々しく贈るべきじゃない。
しかし、どうしても必要があったから。
(悩んでいても、仕方ない……か)
一度深呼吸してから、扉横の呼び鈴を鳴らす。
すると即座に「はあい」と、砂糖菓子のような甘い響き。
「いらっしゃい、早かったのね、スコール。どうぞ上がって?」
少女の言葉に従って、通い慣れた家へと足を踏み入れる。

真夏の暑さを和らげるように、涼しい風が部屋を通り抜けていく。
見れば遮光カーテンを上手に利用し、室温を上げ過ぎないよう工夫してあった。
「どうぞ」
笑顔で出された麦茶のグラスに、水滴がまとわりついて。
手で握っただけで涼を感じるグラスの中身を、一気にあおった。
「おかわり、いる?」
「いや」
「そう?欲しくなったら言ってね」
俺をにこやかに見つめ、少女はふわりと笑みを深める。
その表情に、急激な体温の症状を自覚して。
本当に、性質が悪い。

「───ティナ」
「なあに?」
思い切って声をかけると、少女は素直に返答して。
硝子細工より透き通った瞳で、俺をじいっと見詰める。
(ああ、この表情だ)
端整な顔立ちと、珍しい色を持った水晶のような瞳。
誰もが認める程に際立つ美女でありながら、一切自覚のないある種の天然。
ひとを疑う術を持たない、素直な気性だからこそ。
遠巻きに熱い視線を送りつつ、皆互いを牽制していた。
でも俺はもう、限界で。
「……土産だ」
俺はゆっくりと、少女の目の前に件の鉢植えが入った袋を貸し出して。
受け取った少女は、目を丸くしてから笑みを浮かべた。

「ありがとう、スコール!」

花以上に鮮やかな、少女の笑顔が嬉しくて。
俺は無意識に、口元を緩めた。


   *


鮮やかな花の日に生まれし、花より鮮やかな、少女へ。
君の笑顔が、これからも曇ることの、ないように。
心から、祈る。

言葉で言えぬ祝福の替わりに、君の生まれし日の花を。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
◆ 鮮やかなひとへ
ティナに声を掛けたのは良いですけど、顔真っ赤ですねスコールは。
彼女の名前を呼ぶ前から緊張してるっと私は思います。
この先、楽しみです。
ティファ・ロックハート 2009/07/26(Sun)06:11:08 編集
コメントありがとうございました
間違いなく彼は真っ赤に燃えてます(笑)。
現代パラレル的なスコールになっちゃいましたね、この彼は。
基本的に、ティナが嬉しいと思ってくれればなんでもいいな、と。
シスターM  【2009/07/26 22:59】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シスターM
性別:
女性
自己紹介:
とうとう40代になった専業主婦。
二次創作歴はオンラインで10年程度。たまに好きジャンルのアンソロ本に寄稿させていただいてました。
此度はソフト未購入なのにムービーと素敵サイト様の作品によって墜落→6キャラ総愛され→本編6カップリングプラス、とブログがおかしな進化中。結局ハード込みでソフトお買い上げ(笑)自プレイはチュートリアルで既に断念気味。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  違うところの夢を語る。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]